メディア掲載
私もかつてバイオニクスを学ぼうと考えた」と、ドイツ連邦メルケル首相
メルケル首相が訪れたブースは、彼女に興味と深い関心を与えたようだ。メルケル首相は、Festoの展示会で、ペンギンからヒントを得て作られた「フィングリッパー」を見ながら、「バイオニクスを専攻しようと考えたことがあるが、物理学を選択した」(バイオニクスは技術進歩のために自然からサンプルを取る)とコメントし、それから無邪気に手を伸ばして、近くを飛んでいるペンギンのヒレをつかんだ。Festoのスタッフたちは思わず心臓をドキッとさせたが、彼らの懸念は安堵に変わった。ペンギンは無傷で飛び続けたのだった。  ノイエ・プレッセ(Neue Presse)
 
FCバイエルン・ミュンヘンのために打ち上げられた花火
午前0時過ぎ、その年で最も壮大な花火を背景に真っ赤に光輝くアリアンツ・アリーナに、66,000人のバイエルン・ミュンヘンのファンが集まって歓喜に酔いしれた。彼らは旗を振りながら、歌って歩きまわっていた。アリアンツ・アリーナで象徴的なキックオフをするには、皇帝として親しまれてきた名誉会長フランツ・ベッケンバウワーが適任であり、彼にはその責務があった。ベッケンバウワーはいつものやり方で巨大なサッカーボールをキックした。そして、ボールはゴールに吸い込まれた。ブンテ・マガジネ (Bunte Magazine)
 
1 / 2 ページ