Gear Factorのテレビ出演

世界中のメディアで注目を集めている
私たちの活動は数多くのメディアで紹介されている。いまや、イオンビームドライブ、バイオニック推進システムといった新技術を記事にするのは科学雑誌だけという訳ではない。情報エンターテイメント番組もまた「エア・エンターテイメント」に対する興味を高めている。そんな中、フォードのような大企業が、フォード・モンデオの新型車を発表するにあたって、エア・エンターテイメントが非常に効果的なテレビ広告のパワーになる事を見出した。各界で使われているエアステージの幅広い事例が、メディア報道がフライング・オブジェクトに魅了されていることを物語っている。
フライング・ジェリーフィッシュ:ガリレオに出演
ひとつの写真・ひとつの物語―この写真には、ある男性と奇妙な形をした物体が写しだされている。まるでSF映画から出てきたように。実際にそれが何であるのかは明らかではない。一体何なのか。何かの足なのか。もしそうであるなら、地上にいるのか。それとも水に浮いているのか。UFOなのでは? その男性がどう関わっているのか。そもそも彼はそこで何をしているのか。ガリレオがこの興味深い装置の裏話をしてくれる。
ディスカバリー・チャンネル・カナダ:技能五輪2009に登場
カルガリーで行われた2009年の技能五輪のグローバルスポンサー Festoは、大会期間中に特別なショーを主催して,強烈な存在感を示した。エア・ペンギンとエア・ジェリーフィッシュが展覧会会場に運ばれ、ディスカバリーチャンネルのフィルムチームが2日間付き添い撮影した。その時のパフォーマンスは、その後12月中旬に、デイリー・プラネットで放映された。
ヴォックス レポート:自動車に飛び方を教える
テレビ局ヴックス(VOX)が「オート・モーター・スポーツ」で私たちの活動を詳細に取り上げた。ヴォックスの撮影チームは、フォード・モンデオのテレビコマーシャル「デザイヤー」の撮影現場で一日中撮影に取り組んだ。このコマーシャルが世界の注目を集めた背景には、納得のいく理由がある。自動車が、たった2、3個の色彩豊かな風船にぶら下げられて、ロンドン市街の空を飛んで行ったのだ。真の驚きは、このコマーシャルがコンピューターで作られたものではなかった事だ。自動車が実際に飛んだ! 空を飛ぶ車だって? あなたが、ハリウッドを頭に思い浮かべたとしたら、もう一度考え直さなくてはならない。フライング・オブジェクトは、私たちの技術者が、物理の法則が許す限界ぎりぎりのところで開発しているのだ。その結果、生み出されたオブジェクトが広告に新鮮な息吹を吹き込むフライング・ショーだ。フォード・モンデオの広告がそれを実証している。しかも、それは多数ある事例のなかの一例に過ぎないのだ。
フォード・モンデオ
90秒のコマーシャル「デザイヤー」は、フォードが新型モンデオの新発売告知をするために、大規模な広告キャンペーンのプレリュードとしてヨーロッパ21カ国で放映された。コマーシャルに登場した自動車の多くが、先進技術によって実際に空に舞った。重量4キロの車がコマーシャル「デザイヤー」のために特注された。